【書籍紹介】博報堂デザインのブランディング




博報堂デザインのブランディング / 永井一史 著

を読んでみました。


こちらの書籍は5年ほど前に購入したもので、今回あらためて読み返してみました。同じ書籍であっても、いつ読むかによって内容の捉え方が違ってくることがあります。5年前はまだブランディングをかじり出した頃で、ブランドマネージャー認定協会の1級資格を取得している現在に読んでみると、さらに理解の深度が深くなったと感じました。


永井一史さんといえば、日本を代表するアートディレクター/クリエイティブディレクターの一人でありながら、HAKUHODO DESIGNの代表取締役社長でもあります。個人的には2005年頃に資生堂の企業ブランディングとして展開されはじめた「一瞬も、一生も、美しく」の広告シリーズが印象的で今でも心に残っています。


この書籍は、HAKUHODO DESIGNのブランディング・メソッドを豊富な事例(ビュジュアル)とともに紹介する一冊になっています。



博報堂デザインのブランディングの概念は、

【送り手の意志】=【受け手の期待】

双方向の関係性を成立させていくこと。


企業や商品自らの存在や価値を社会と結びつける方法として、ブランディングが取り入れられます。




【ブランディング・メソッドのプロセスと考え方】

 ○大きく2つのフェーズでブランドのあり方を考えていく。

 ①思考のデザイン([インプット][プランニング])

  :ブランドの「思い」を導き出して価値として規定する

 ②カタチのデザイン([アウトプット])

  :思いを具体的なアウトプットにして世の中に届けていく


 ○デザインによるブランディングの3ステップ

 [インプット] → [プランニング] → [アウトプット]

  あっけないほどのシンプルさに拍子抜けしたかもしれないですが、

  一つひとつのステップを丁寧に踏んでいくことが大切です。


 [インプット]における5つの視点

  ①歴史性:ブランドのオリジン(原点、起源、発端)にさかのぼる。

  ①機能性:何の仕事、どんな商品なのかを考える。

  ①文化性:どんな豊かさやライフスタイルを提案できるかを考える。

  ①社会性:ブランドがどう社会に役立つかを考える。

  ①関係性:ブランドと生活者との関係性を考える。


 [プランニング]における視点移動(立体的な視点)

 [鳥の目・虫の目][主観・客観][過去・未来][引き・寄り][現実・理想][大きな単位・小さな単位]




【実際のブランディング事例の紹介】

・サントリー「伊右衛門」

・HITO病院

・IKIJI

・資生堂

・リーガル

・TAP PROJECT

・六本木ヒルズ10周年

・パレスホテル東京

・日本郵政グループ

・MIRAI DESIGN LAB.

・住友林業

・日本郵便「年賀状リブランディング」

・RING BELL

・表参道ヒルズ

・東京大学 i・school

・21 KOMCEE

・日本文化デザインフォーラム




【まとめ】

◎ブランドは「思い」がすべて。

◎ブランドの本質は、実は「見えない部分」にある。

◎ただ「一点」の最適解を探す。

◎正しいだけでは、人の気持ちは動かない。

◎自己表現ではなく、必然を表現する。


博報堂デザインのブランディング

永井一史 著 / 誠文堂新光社

2015年10月18日 初版

https://www.amazon.co.jp/博報堂デザインのブランディング-思考のデザインとカタチのデザイン-永井-一史/dp/4416114419




ブランドデザイン研究所

https://www.branddesignlabo.com

公式インスタグラム:@brand_design_labo


Copyright © TAKI C1 Co., Ltd. All Rights Reserved.