| ブランディングエピソード |

| 01_きっかけ 

01_きっかけ |

手のことを想い、

​みんなのピーを最優先に。

ウェブサからのお問い合わせでブランデングのご相談をいただきました最初はすでに私たちに決められてのご依頼でしたがブランディングとはスタートアップツールを製作して終わりというものではなくクライアントと同じ目線で一緒に悩み考え続けていくパートナーになることが最も大切になりますですので複数のパートナー候補の方々に会われた上で決定をされた方が良いと提案させていただきました。

02_進行中 |

目指すべき姿の認識共有と

明確化

まず驚いたのはプレゼン終了直後にパートナー決定の連絡をいただいたことです代表の言われ「社員に決定権を託しているから決裁スピードが速いを体現しているエピソード幾度となく表・幹部の方々とヒアリングやワークショップを実施相手の意思を尊重する社風のもと議論を戦わせるのではなく対話を重ね会社の新しく目指す姿の認識をみんなで共有していきました。

| 02_進行中 

03_進行中 |

新社名の念の見える化

ブラド・ティテ確立

これまで使用されてきたクレ(理念・行動指針社名変更に合わせて見直し・整理させていただきました理念であ「よいめぐりを世の中へという想いを新社名には込めています確立したブランド・アイデンティティをもとに企業ロゴマークやクレドカー(日本語版・ベトナム語版をはじめ様々な制作物に統一された世界観をデザインしていきます。

| 04_進行中 

04_進行中 |

名リリ

株式会ラスとしてスタート。

理念構築​企業ロゴマーク制作後に進めたのが介護施設紹介ブックレット・ムービーですさらに社名が新しく変わるタイミングで企業サイト・採用サイト・社屋エントランスサインも制作そして当初から課題としてきた採用活動に向けても問いを解けば解ほどメグラスという会社がわかるノート型の採用リーフレットや企業説明会用のブースデザインで護・福祉業界の枠にとらわれない魅力的な人との出会いを演出しました。

| 05_結果 

05_これから |

よいめぐりを中へ

​社員がイキイキとする場所

まず代表にブランディングを通して経営幹部の方をはじめ社員に対より細部まで理(企業の価値観の浸透がはかれて大変有意義であったと仰っていただきました企業ロゴマークやクレドカードなどの形のあるものを制作することだけだと思っていたのでインナーブランディングの要素も含んでいることに喜ばれていました先日行われた企業説明会でもさっそく大盛況な結果が出たそうですより魅力的な人たちが仲間に加わりまずは社員がしあわせになりそのしあわせをお客さまにそして社会にめぐらせていくことを叶えられる会社であると感じましたヵ月にわたり進めてきたブランディングプロジェクトは今お進行中です。

名古屋を拠点に護・保育サービ供する

ソーシャルベンチャー。

魅力的な材を用するため

社名変更を含めたリブランィンプロジェクト。

理念行動指針の直しから全てを一新。

|リブランディング |社名ネーミング |CI・VI |クレドカード |アプリケーションツー(名刺・筒・社員証  他)

|コーポレートサイト |採用サイト |採用ツー(パンフレト・ブースデザイン) |エントランスサイン

|施設紹介ツー(ムービー・パンフレット)

  Client:株式会社 メグラス​

Copyright © TAKI C1 Co., Ltd. All Rights Reserved.