ブランディングという概念は日本に根付かないのか





ブランディングとは、究極のマーケティング手法と言われるように販売を不要にすることを目指すものです。


消費者・顧客の心の中につくられる心象をコントロールして、広告活動に頼らなくとも顧客の方から自ずと購入する環境を長期的に築こうとする極めてハイレベルな次元の概念です。


そう、売れる仕組みをつくること(マーケティング)の行き着く先(理想)だと言えます。


そんなブランディングですが、現代のようにほとんどの製品市場が成熟期に入り製品の技術力の高さだけでは競争優位が築けなくなってきている中では、大切な考え方だと思います。


要は、製品の性能だけではなく、消費者・顧客の心の中を意識した戦略も立てて並走させていくことです。