| PHILOSOPHY |

今まで100年以上技術を中心にノベーションが起こってきました。

しかし少し視点をずらすと見える景色が変わってきす。

ば売れるりつのです。

 

成熟社会に入り費者のニーズはほぼ満され、

差別化の技術的な差異も功を奏しなくなっていす。

そんな中めてわれるのは企業のったいやだと言われていす。

「何をつくるかではなく誰がつくるか費者の高い関心が向けられるいま、

自社の存在意義や何者なのかを定義し費者ファ化しブランングが

経営戦略の重要な一つだと考えられています。

企業との対話と分析「らしさをついで、

ブラド価値を見いだしていきます。

らしいで

button_about us.jpg

| BRANDING PROJECT |

​株式会社アラクス

PITTA MASK

​|製品ブランディング|

web_konsei_10.jpg

​株式会社近藤製作所

KONSEi

​|ング|

web_taktica_04.jpg

​株式会社ジェイテクト 

TAKTICA

​|ブラド開

web_karimoku.jpg

カリモク家具株式会社

THE FIRST

​|製品ブランディング|

web_kitagawa_01.jpg

炭焼喜多川

​|ング|

web_meitetsuunyu_03.jpg

​名鉄運輸株式会社

MEITETSU TRANSPORTATION

​|ング|

web_meglus.jpg

​株式会社メグラス

MEGLUS

​|ング|

logo_design.jpg

ロゴデザイン

LOGO DESIGN

​|ロゴマーク開発

web_meitetsufudosan_22.jpg

​名鉄不動産株式会社

鉄不動産

​|ング|

web_toyopet100r_01.jpg

トヨペトグループ 

TOYOPET 100R

​|ブラド開

web_miericopy_03.jpg

ピー株式会社

MIE RICOPY

​|ング|

button_project.jpg

| CLIENT |

client_01_toyopet.jpg
client_02_jtekt.jpg
client_03_meitetsu.jpg
client_04_pasco.jpg
client_05_okb.jpg
client_06_meitetsutransportation.jpg
client_07_16bank.jpg
client_08_pokka.jpg
client_09_yahagi.jpg
client_10_menicon.jpg
client_11_meifu.jpg
client_12_toyotakai.jpg
client_13_karimoku.jpg
client_14_konsei.jpg
client_15_arax.jpg
client_16_prairiehomes.jpg
client_18_miericopy.jpg
client_19_union.jpg
client_20_meglus.jpg
client_21_stmn.jpg
client_17_miraihd.jpg

| BRANDING WE THINK |

経営戦略てのブ

×ンで

 

 

ちの考るブグとはひと言いう

合に陥ら「価値による他社との差異だと考えていす。

構築企業「こう思われたいブラアイデンティ

者・心のブラメー(心象

にす企業世界観デザインてい活動す。

日本にけるデザインの識は表層的なものであるとれていますが、

本来のデザインの役割とは本質的な価値をいだし値を化させること。

りここで言ザインとは象と象をき来して

戦略要件構造骨格表層全て「設計していくことを味しています。

 

ちがこだわっているの経営戦略としてのブ×デザインです。

近年成長している企業「デザインが成功し、

良好な経営に結びついていす。

彼ら経営者の側には常に優秀トナーが存在していす。

 

まとめると、

ちは企業のビジョンや想いをつむいで経営視を大切にしながら、

目的を達成するために企業と同じ目線で一緒に悩み考える

トナーとして伴走しす。

button_our style.jpg

| BRANDING MERIT |

merit_01.jpg
merit_03.jpg
merit_04.jpg
merit_05.jpg

| BRANDING STEP |

STEP 1

​ヒアリ

トップヒアリーマンヒアリングをおこない自社ジョンや現在の課題

ランディングをおこなう目的などを認していきます。

​◎トップヒング ◎キーマンヒング ◎ブランデングの目的確認

(ブラド戦略)

STEP 2

把 握

自社の歴史基本概要など現状把握していきます。

※社内ア必要に応じて実施

◎沿革・基本概要・現状把握 ◎社内アンケー(別途実費

STEP 3

分 析

業を取り巻く環境自社み・弱みこだわりターゲットの絞り込みなど

​マーケティング分析などを通してブラ価値の要素を見える化していきます。

◎PEST分析 ◎3C分析 クロSWOT分析 STPマーケティング ◎ペ作成

STEP 4

概念策定

概念整理をはじめランディングの核となる自社「らしさ・条・存在意義

ブラド・アイデンブラド・ステトという形で言語化していきます。

概念策定 ◎ブラド・アイデン策定 ◎ブラド・ステ策定

STEP 5

可視化

ブラド要(ネミング・ロゴマク・カラー・タグライン等を開していきます。

必要に応じて企業理念・ンの明文化をおこないます。

◎ブラド要素等の開発 ◎理念ビジョンの明文化 ◎簡易商標調(別途実費

(ブラド伝達

STEP 6

伝達設計

客との接点析して定したブラドの世界観をより正確透させるべく、

ブラ体験のコミュニケーションの制作までおこないます。

◎4P/4C分析 ◎ブラド体験設計 ◎推奨規定・禁止規定の設定 コミュニケーショデザイン

STEP 7

定・検証

消費者・客へブラド・アイデンィやブラドの世界観浸透状況を査定し、

ブラドの運用方していきます。

◎効果測定 ◎社内アンケー(別途実費

企業を強くしたいとお考えの経営者の方をハンズオンで支援します

企業組織における理念の策定から浸透までインターナルランデングにも対応ランデングに関してお気軽にご相談ください。

button_contact_bl.jpg