競合プレゼンという選択方法



最近、とある企業の企業ロゴマーク開発(リニューアル)の依頼がありました。

詳しく話を聞かせてもらうと、競合プレゼンを行って正式に依頼する相手を決めるという方法でした。


日頃から、企業ブランディングの依頼においては競合プレゼンという選択方法は極力お断りをさせていただいています。それはその企業のことをほとんど知らない私たちが、一方的に仮説を積み上げてその企業の世界観をつくり上げたとしても、私たちの独りよがりで描いた世界観を相手に押し付けてしまうことになると考えているからです。その後、その世界観を守り続けていくのは企業の方でもあります。


本来であれば企業のことを一番よく知っている方、守っていく責任を持った方が構築していくのが理想だと思っています。


ただ、言葉にできない、デザインできない、外部の人に客観的に見てほしいといった場合において、第三者としてサポートをさせていただくという形で関わらせていただいています。


企業ロゴマーク開発も、その企業のブランド(心象)を伝えていく上で大切な要素の一つになっています。


なので、本来であれば経営者の方々や社員のみなさんに、これまでやってきた想いやこれからのビジョンを聞かせていただいて、その想いやビジョンを企業ロゴマークに込める、そして企業全員のこれからの指標(旗印)にしていくというのが理想だと思っています。



ブランドデザイン研究所

https://www.branddesignlabo.com

公式インスタグラム:@brand_design_labo



Copyright © TAKI C1 Co., Ltd. All Rights Reserved.

web_logo_takiC1_02.jpg