最高の顧客が集まるブランド戦略 〜ボルボが日本で躍進を遂げる理由〜





最高の顧客が集まるブランド戦略

〜ボルボはいかにして「無骨な外車」からプレミアムカーへ進化したのか〜

木村隆之 著 / 幻冬舎メディアコンサルティング

2019年7月2日 初版



先週、東京ミッドタウンで行われた

「最高の顧客が集まるブランド戦略」

〜ボルボが日本で躍進を遂げる理由〜

を聴講してきました。



スピーチくださったのは、

ボルボ・カー・ジャパン株式会社

代表取締役社長 木村隆之氏。


北欧スウェーデンの自動車メーカー、

VOLVO(ボルボ)で初の日本人社長として、

4年間で売上1.6倍、

輸入車で初の2年連続カー・オブ・ザ・イヤー受賞など

大躍進の裏側や、

いかにしてブランドを育てていくのかを、

日本法人社長が自ら話してくださいました。


講演の中で個人的に心に響いた内容は、

◎Betterが大事!6割程の情報で決断する。

◎B2C企業の社長業は、アイデア、データ(分析)、ストーリーだ。

◎カー・オブ・ザ・イヤー受賞における、採点方法の分析から戦略の構築。

◎お客さまに対して仮説をもつ!!!もち続ける!!!

◎ライフスタイルを変えるインパクト。

◎5年半、一貫したメッセージを発信してきた。

◎PDCAの多さが差になる。

◎ブランドとはお客さまの心の中につくられる、

 ブランディングで一番大事なのはメッセージの一貫性。

など。

(他にも沢山のお話をしていただきました。)

多くの貴重な学びをいただきました。


いつも心掛けている、

ブランディングをおこなううえで重要なこと。



意図的(戦略的)、一貫性、継続性


この3つが改めて重要だということを

心に刻めた貴重な時間となりました。






ブランドデザイン研究所 / BRAND DESIGN Labs

お問い合わせ / Webサイト / Instagram