なぜ「ブランド戦略」が重要視されているのか?



おはようございます。

ブランドマネージャー/デザインアドバイザーの奥田です。


突然ですが、

みなさんはご存知でしょうか?


なぜ「ブランド戦略」が重要視されているのか?


これは、消費者・顧客の方が商品(サービス)を使用もしくは体験する際に、

得られる価値として、大きく機能的価値情緒的価値の2つがあると言われています。


21世紀に入ったいまの成熟社会においては、

機能や品質のコモディティ化(一般化)が進んでおり、

機能的価値だけでは商品(サービス)の差別化が困難になりつつあります。


機能や品質とは、

時計で言えば正確に時が刻めること。壊れにくいこと。

消しゴムで言えば綺麗に文字が消せること。

ノートで言えば紙が破れず文字が書けること。

など。


このような、機能や品質がコモディティ化された商品は、

価格の差がつきづらくなります。


機能や品質に差がない状態で販売競争を続けていくと、

自ずと価格が安い方が選ばれていく傾向になります。


いちど価格競争に巻き込まれてしまうと、

そこから抜け出すことが容易でないことは

想像に難しくありません。


そんないまの成熟社会において、

「価格競争に巻き込まれずに、少しでも高く、少しでも多く、

商品(サービス)をお客さまに選んでいただくため」には、

情緒的価値を高めていく施策を併走させていく必要があります。


それが「ブランド戦略」なのです。



「ブランド戦略」をしっかりと策定することで差別化がはかれ、

価格競争とは無縁の安定した経営を

長期的に継続させていくことができるのです。


その「ブランド戦略」をしっかりと策定したうえで、

デザインの力(想いをまとめて、伝わるように言葉やカタチにする)を活用して、

消費者・顧客の方がもつイメージと合致させていく活動を

ブランディングと言います。


少しでも楽しく豊かな社会になるような貢献ができるよう、

ブランドマネージャーとして精進していきたいと思います!



| ブランドデザインラボ |


Copyright © TAKI C1 Co., Ltd. All Rights Reserved.