「ブランディング」は究極のマーケティング手法。



おはようございます。

ブランドマネージャー/デザインアドバイザーの奥田です。


日頃からブランディングに関わる仕事をしているわけですが、

「ブランディング」とマーケティングとは、

とても密接な関係にあります。


それぞれを一言で表現してみると、


◎マーケティング=売れる仕組みづくり

◎ブランデイング=売れ続ける仕組みづくり


となります。


芸人例えるなら、

一発屋で終わってしまうのか、

大御所として存在し続けるのか、

と表現するとイメージしやすいかもしれません。


一発屋になるだけでもすごいと思うのですが、

それを持続していくために戦略を立て行動していくことを

総じてブランデイングといいます。

(そこで立てる戦略がブランド戦略です)


ブランディングやマーケティングといった専門的な用語は、

人(タレント・芸人など)に置き換えて説明すると

分かりやすいかもと、

いつも企業のブランディングをしていて感じています。


まずは、

売れるために戦略(マーケティング戦略)練って

並行して売れ続けるための戦略(ブランド戦略)も練る。

そして実際に行動していくことが理想です。


もちろん、その前段として、

自分(企業・商品)がどうなりたいのか、何のためにやるのか、

といった目的の明確化が必須になります。



そんなブランディングと密接な関係にある

マーケティングについて書かれた

面白い書籍に最近出会ったのでご紹介します。


タイトルは、

『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方

-成功を引き寄せるマーケティング入門-


マーケティング思考は、

あらゆる仕事における「業務効率」と「成功の確率」を

劇的に上げる!


マーケティングの最大の仕事は、

消費者の心の中に「選ばれる必然」をつくる活動ブランディングである。


というフレーズから、


・マーケティング思考とは

・マーケティングとは?

戦略とは

・マーケティング思考は戦略的思考であり理論的思考でもある

 (マーケティング思考 < 戦略的思考 < 理論的思考


など、

「マーケティング思考」について

とても詳しく説明されています。


すべてにおいて論理的に説明してあり、

個人的には腹落ちしやすい内容でした。



| ブランドデザインラボ |


Copyright © TAKI C1 Co., Ltd. All Rights Reserved.